インポート事業

インポート事業

ワイン発祥の地 アゼルバイジャンワインの輸入

アゼルバイジャンとは?

アゼルバイジャンとは?

アゼルバイジャン(正式名称:アゼルバイジャン共和国)は、アジアとヨーロッパの境界線であるコーカサス地方に位置し、北はロシア、南はイラン、西はアルメニア、東はカスピ海に面した国です。

アゼルバイジャンワイン

アゼルバイジャンワイン

ジョージアと隣接するコーカサス地方はワイン発祥の地と呼ばれ、アゼルバイジャンでは6、7千年前からワインを作られていたといいます。

ワインといえばフランスやイタリア、チリ、オーストラリア産などが日本国内に輸入されておりますが「アゼルバイジャンワイン」 は、日本国内だけでなく海外(アジア諸国)での流通が非常に少ないです。

弊社では、アゼルバイジャンの現地のワイナリ ー(工場)との契約により、日本国内に輸入ルートを確保しているため、正真正銘のアゼルバイジャンワインをご提供することができます。

ワイン名~MANAT(マナト)

MANAT (赤ワイン)

赤ワイン

アゼルバイジャン産のMerlot(メルロー)とMedrese(マドラサ)古くからあるブドウの種類から作られたセミスウィート赤ワインです。とても珍しく、他のものとはっきりと異なる、優雅な香りと、甘口な優しい味です。果物とデザートに最高に合います。

 

アルコール度数:12%

総酸度:5-6 g/l

容量:0.75 リットル

 

MANAT (白ワイン)

白ワイン

アゼルバイジャン産のセミヨン(Semillion)とシャルドネ(Chardonnay)というブドウの種類から作られたワインで、上品で、とても調和的で優しい味です。魚料理、野菜料理、チーズなどに合います。冷やして飲むとさらに豊潤な味わいを楽しめます。

アルコール度数:12%

総酸度:5-6 g/l
容量:0.75 リットル


 

MANAT (ザクロワイン)

ザクロワイン

大自然で育った最高級のザクロShahnar(シャフナル)、Guleysha(ギュレイシャ)というアゼルバイジャンブランドのザクロ種類から作られ、色はダークルビー色で、これまでのワインにはない口当たり、それでいて甘めなとても飲みやすい味わいです。お肉、デリカシーやデザートとの相性が抜群です。クラッシュアイスなどで冷やして飲むとザクロの風味や味覚がより一層、楽しむことができます。

アルコール度数:12%

総酸度:6-7 g/l
容量:0.75 リットル


 

MANAT (ゴールドワイン)

ゴールドワイン

アゼルバイジャン産のとても質の高いカリンから作られ、色は琥珀色で、調和的な、バランスのとれた味わいです。甘めな口当たりで、デザート、チョコレート、アイスクリームやケーキ類との相性が抜群です。クラッシュアイスなどで冷やして飲むとさらにカリン本来の豊潤さが引き立ちます。

アルコール度数:12%

総酸度:5-6 g/l
容量:0.75 リットル


 

ブランデー・ウィスキー

ブランデー・ウィスキー

このブランデーは、色はゴールドと琥珀色のコンビネーションでとても美しく、

花のような香りで、いまだかつて味わったことのないほど豊潤な味わいです。リムジンオーク樽の中で20年間ねかした、特別醸造のウイスキー・ブランデーです。シガー、コーヒー、チョコレートなどとの相性がとても良いです。

年数:20年

度数:40%
容量:0.7


 

アゼルバイジャンワイン紹介 動画

 

事業案内

アゼルバイジャンワインの総輸入代理店
本社所在地〒812ー0013 福岡市博多区博多駅東1-10-35 CLUB博多駅東オフィスビル6F
電話092‐481-4500(代表)
FAX092-433-1113
電車でお越しの方博多駅筑紫口より 徒歩2分

お問い合わせはこちら

3rd Project

arm

なかはた整骨院

AMS

JVE

top